怒られた!…気持ちが落ち込んだ時の切り替え方法

叱られる。怒られる。注意される。働いていたり社会生活を営むうえで心に大きな傷を受けたり落ち込んだりしがち。そこでそんな時の気持ちの切替え方を伝授したいと思います。

怒られたら誰しも落ち込むもの

理不尽に叱られると憎悪に変わることも

分かる…自分が原因であれ理不尽な叱責であれどんな場合でも怒られると腹の底から憎悪が沸き立つ

こう、叱られると、自分が悪いってわかってるからそれの罪悪感とかでいっぱいになってやられる。
別に叱った人は悪くないってわかってても、憎悪を抱くことで自分の気持ちを肯定させて元に戻してる感ある。

怒る怒られるは誰のためにもならないし憎悪値が貯まってくだけだからやめよう

怒られてから仕事辞めることしか考えられなくなった人も

ここで頑張ろうと決めた仕事は私の精神をぶち壊し、休日手当、交通手当も貰えず、今日も怒られてあなたは役に立たないと言われ、泣いて
親に相談したら、井上先生にそういう風にあってると言ってくれて先生もわかってくれたそうで、2ヶ月しか働いてないけど、親から辞めることを考えなさいと言われた

@h_yukifist 勤務期間1年半。退社時に入社当時からいた人7名。案件数は倍。辞めるスピードと入るスピードが一緒なのに仕事だけ増えるから休憩取ると怒られて、終電前に帰ると怒られて、会社に3日くらい泊まるとブラックに見えるからやめろと怒られた。

●毒を取り除く手段の方が大事

毒蛇を追う事で死にいたる。
毒を取り除く手段こそが一番やるべき事!

人が深い傷を受けるのは、他人の行動によるものではないし、ましてや自分の間違いによるものでもない。

人の話を聞き流すのは重要なスキル

怒りを原動力に利用する手も

「怒り」に自分自身が飲み込まれるのではなく、「怒り」をエネルギーとして利用する。大きな発想の転換です。

無意識でいると、我々はすぐに「怒り」を特定の個人や集団などに向けてしまいがちです。

PRまとめ

Leave a Reply

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

CAPTCHA
Refresh

*