ウクライナの民族衣装可愛すぎ!

この間の環くんの続き?な感じで三月に民族衣装着せたよ~!
ウクライナの中でもオチポク・カルパティー地域 のものです。地域ごとにだいぶ差があってとてもかわいい! pic.twitter.com/cFTAhItkWr

ウクライナの民族衣装の特徴は?

原則として、女性の衣裳は:シャツ (ソロチカ,コシュゥア、ヴィシヴァンカと言う)、スカート(ヂョルガ、ザパスカ 、プラフタ、アヌダルカといいう)、コルセツか又はベスト、伝統的な靴である。

女性はVyshyvanka (ヴシワンカ)と呼ばれる衣装と頭に飾る花輪 Vinok(ヴィノク)です 。

美しい刺繍

ソロチカの刺繍は
病気や悪霊などの「悪しきもの」から身を護るための
「魔除け」の意味があります。

Vinok(ヴィノク)

独身の女性は頭の上に、花やリボンなど手作りヴェノクを飾っている

vinok(ヴィノク)と呼ばれる花冠は、草花と暖色系のリボンで編み込んでいくのが伝統的なスタイル

ひとつの冠には最大12種類の花々を編み込むことができて、それぞれの草花にはきちんと意味があるんだそう。

美しいウクライナ女性をご覧ください。