『スーサイド・スクワッド』のハーレクイン役 マーゴット・ロビー

DCコミック原作の超大作『スーサイド・スクワッド』のハーレクイン役でおなじみ、マーゴット・ロビー!『ウルフ・ブ・ウォールストリート』でレオナルド・ディカプリオの妻役を演じ、一気にブレイク。今最も注目されるハリウッド女優の一人です。

◆みんなが惚れたハーレクイン役のマーゴット・ロビー

◆マーゴット・ロビーはこんな感じの美人さんです!

マーゴット・ロビーは1990年7月2日、オーストラリアのゴールドコーストで、農場主の父と精神科医の母のもとで生まれました。マーゴットは両親の職業には興味を持たず、女優としてハリウッドで活躍したいという夢を持っていました。

女優としての夢を叶えるために、マーゴットは清掃婦、サーフィンショップの店員、地元のサブウェイの店員という3つのバイトを掛け持ちしていました。

そんな頑張り屋のマーゴットは、ビジネスの話になると頭が瞬時に回転するそうで、子供の頃には”リトルマジックショー”を頻繁に開催し、家族や友達にお金を払わせてショーを披露していたんだとか。その上マジックのタネを知りたい人には余分にお金を払わせていたそうです。

マーゴット・ロビーの知っておきたいトリビア13選 | Ciatr[シアター]
http://ciatr.jp/topics/84733

◆『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のナオミ・ラパグリア役で一躍注目

マーゴット・ロビー(Margot Robbie, 1990年7月2日 – )は、アメリカ合衆国で活躍するオーストラリア出身の女優。

米国のTVドラマ『PAN AM/パンナム』のローラ・キャメロン役[1]で名を知られ、マーティン・スコセッシ監督の映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のナオミ・ラパグリア役で一躍注目をされる。

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』でレオナルド・ディカプリオの妻役を演じ、一気に注目を集めたマーゴット・ロビーは、DCコミック原作の超大作『スーサイド・スクワッド』に出演が決定するなど女優としてのキャリアを着々と歩んでいるようです。

マーゴット・ロビーの知っておきたいトリビア13選 | Ciatr[シアター]
http://ciatr.jp/topics/84733

スーサイド・スクワッドって?
「スーサイド・スクワッド」とはヒーローたちによって捕らえられた悪党・犯罪者たちが、減刑と引き換えに政府の汚い仕事を引き受けるために結成された、アンチヒーロー・チーム。冷酷かつ狡猾な政府の高官、アマンダ・ウォーラーによって結成されます。

部隊名は直訳すると「自殺部隊」。減刑と引き換えるからには、かなり危険なミッションが多く、原作コミックではしばしば死んでしまうメンバーも。原作では「Task Force X」という名でも知られていて、元々は1959年に登場。今のチームは1987年に結成されたもののようです。

PRまとめ

Leave a Reply

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

CAPTCHA
Refresh

*