『おんな城主 直虎』 井伊 直盛(いい なおもり)ザクっとまとめ。

桶狭間の戦いで討ち死にした井伊直盛。そのような悲劇があって『おんな城主 直虎』が誕生します。

井伊 直盛(いい なおもり)は、戦国時代の武将。

遠江国引佐郡井伊谷城主(現在の静岡県浜松市北区引佐町井伊谷)。

女領主となった井伊直虎の父。

『おんな城主 直虎』 井伊 直盛(いい なおもり)役  杉本 哲太

今川氏最大の版図を築いた今川義元は、永禄3年(1560年)に尾張国への遠征の為の大軍を動員。直盛は、その先鋒の大将に任じられた。

1560年5月19日、桶狭間にて休息中の本隊が織田信長自らに率いられた手勢の強襲を受け、多くの将兵を失っただけでなく、総大将の義元をも討ち取られた(桶狭間の戦い)。

この戦いで討死した直盛は、井伊氏の菩提寺・龍潭寺に葬られた。

鎌倉時代には、日本を代表する武家八介の一人として井伊介(いいのすけ)の名があり、遠江地方の国人領主として栄えました。
 南北朝時代には、南朝方の拠点として後醍醐天皇の皇子、宗良(むねなが)親王をお迎えし、一大勢力を誇りました。
 戦国時代になると、今川氏からの圧力が強まり、支配下におかれることとなりました。
やがて永禄三年、二十二代直盛が桶狭間で戦死すると、井伊家は受難の時代を迎えます。

井伊直親役 三浦春馬

男子の無い直盛の戦死後、家督を継いだ従弟の直親は、讒言によって今川氏への叛意を疑われたため今川氏の重臣・朝比奈泰朝に攻められて戦死した。

井伊直虎役 柴咲コウ

その後やむなく、直盛の娘・直虎が政務を執ったが、今川氏の傘下を離れた松平元康(徳川家康)の遠江侵攻を受けると、この傘下に入る。のちに直親の遺児・直政は家康に見込まれて、徳川四天王の1人に数えられるまでになる。

井伊直正 井伊の赤鬼の異名を誇る 徳川四天王

PRまとめ

Leave a Reply

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

CAPTCHA
Refresh

*