【MHXX】『新モンスター』一覧(古龍・二つ名)【モンハンダブルクロス】

モンハンXXの図鑑です。新モンスターの生態・特徴もまとめています^^ゲーム購入の参考にどうぞ

リオレウスとはまた違ったかっこよさがある

青っぽい色をしたトサカ

電気を溜めて刃を作る器官だと思われる
この素材を使えば、強力な雷属性武器が作れるのだろうか

発電器官が過剰に発達したライゼクスの特殊個体。
溜めこんだ力は青白い電光となってその身を覆い、それを見た者から『青電主』と呼ばれる。
規格外の電力は対象を仕留めるために、巨大な電撃の刃となって振るわれるという。

出典『モンスターハンターダブルクロス』新メインモンスターの一角“鏖魔ディアブロス”に迫る 復活モンスターも紹介

対戦動画

完全に視力を失っているが、原種以上の強さをもっていることは間違いない

爪・ヒレ

独自に発達していると書かれているから

無明に咲く天華

過去に宿敵との縄張り争いで、目に深い傷を負った個体。
失った視力を補うため、ヒレや触覚、爪や体液などが独自の発達を遂げている。

泡を用いて周囲を警戒しており、触れたものを瞬く間に仕留めるという。その際に目から水蒸気が陽炎のように立ち上がるところから『天眼』と呼ばれる。

出典『モンスターハンターダブルクロス』新メインモンスターの一角“鏖魔ディアブロス”に迫る 復活モンスターも紹介

対戦動画

凍り付いた鼻は異常な硬さを持っており、振りかざすだけで凶器となる

炎属性の武器で攻撃していけば、鼻の氷は解けるのだろうか?

ウカムルバスより強いと思う

今週の金曜日放送されるアナ雪に出てきそう

背中に生えている銀色の体毛

原種では赤毛だった

原種のガムートは全てメスだった
こっちはオスかな?

世界最強峰

白銀の山嶺と見紛うほどに重厚な偉容を誇るガムート。
『銀嶺』と称されるほどに、長い歳月と過酷な環境により鍛えあげられた体躯と甲殻は、生半な攻めでは揺るぎもしない。

大雪を掘り起こして、あたり一面を白銀の世界へと変えることもあり寒地に荒ぶ吹雪や雪崩の原因とされている。

出典『モンスターハンターダブルクロス』新メインモンスターの一角“鏖魔ディアブロス”に迫る 復活モンスターも紹介

ホロロ(俺は夜の狩人…お前を確実に仕留める)

特殊な鱗粉を巧みに使う黄昏色の夜鳥。
銀色に輝く鱗粉は周囲の光を歪ませることができる。

翼を使い全身に纏うことで自らの姿を隠し、ひっそりと獲物の死角から襲い掛かり爪にて切り裂く。
まさに神出鬼没の性質から『朧隠』の二つ名で呼ばれる。

モンスターハンターで1番苦手な敵

堅い・速い・強いの3拍子が揃ったモンスター

研磨の果てに、その鎌に恐るべき殺傷能力を得たショウグンギザミ。
ディノバルドの頭骨を使い研がれた刃は虹のような光沢を放ち、必殺の一閃はあらゆるものを両断する。
身を守る鎧が意味をなさないところから『鎧裂』の二つ名で呼ばれる。

アトラル・カ【闇蟷螂】

機械が埋もれている場所で戦うぞ

見た目はカマキリだが、糸を使うことが多い
第1~第5形態まである

「アトラル・カ」は、残体力によってカマキリ状態と瓦礫をまとった擬態状態の2つの形態変化を繰り返します。(全5段階)
①カマキリ状態1(柱)
②擬態状態1
③カマキリ状態2(柱+撃龍槍)
④擬態状態2
⑤カマキリ状態3(柱+撃龍槍+車輪)
形態変化の度に攻撃方法も変化し、より強力な攻撃を繰り出してきます。

出典モンスターハンターダブルクロス(MHXX)攻略Wiki

こいつの性別は、おそらくメスと思われる

旧砦跡に出現する、PVの最後に登場していたモンスターで、「闇螳螂(やみかまきり)」の異名を持つ。
G★4の緊急クエストで出現する。

糸を自在に操り、糸で周囲や砂の中にあるオブジェクトを自身に纏わせる特徴がある。
身に纏わせるオブジェクトによって、形態が何段階かに変化する。

復活モンスター

▼ドスギアノス

▼ベリオロス

▼ボルボロス

▼ババコンガ

▼ラオシャンロン

▼バサルモス&グラビモス

▼ネルスキュラ

復活した強敵たち

PRまとめ

Leave a Reply

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

CAPTCHA
Refresh

*