息長家の足跡:「近畿の大五芒星は、歴史学者も考古学者も守備範囲ではないと考えているようです。かといって、オーパーツの類でもありません。一緯度長で描かれていますから、偶然の一致でもありません。陰陽師が国防上のオマジナイとして企画し、意図的に描かれたものです。」http://bit.ly/2eyXYps

▼「斎皇家」について なぜ情報が小出しにリークされるのか

天照大神の祭祀を司るのは、息長斎皇家の宗主であることを示し、
彼等の愚行を牽制する必要があったのです

「日本の精神文化を破壊する目的で、
伊勢神宮と神社本庁に背乗りして潜入した反日勢力が、

偽者の日の巫女の王を仕立てて、
天照大神の神託を捏造して日本の精神を踏み躙ろうと画策していたので、

伊勢神宮では創建以来一度も
天照大神の神託が下された史実がないことを指摘して、
天照大神の祭祀を司るのは、息長斎皇家の宗主であることを示し、
彼等の愚行を牽制する必要があったのです」

もしも、天照大神の神託を下す祭祀を反日組織が乗っ取ることに成功すれば、
日本の精神文化を蹂躙することが可能になりすから、
どこかで釘を刺して動きを止める必要があります。

(日本の国号が定まった経緯、纏向遺跡の祭祀形態)

✿「斎皇家の存在を秘匿していることによって、正しい歴史認識が歪んでしまうようでは困る」ということで、
「問題のない範囲で少しずつ情報をリークして、様子を見てはどうか」
ということになり、情報の発信源を限定して開示しているわけです。
http://bit.ly/2fmihnK
https://goo.gl/VJ0u3V

「ヤマト王権はプロトカルチャーの統治機構を受け継いでいた」

斎皇家が伝承しているのは
宗教が誕生する以前から存在していた、一世代古い精神文化と精神修養の技術体系と統治システム

『斎皇家が伝承しているのは宗教ではなく、プロトカルチャーの自然調和した統治機構とライフスタイルです』
https://goo.gl/n8kYof

◆倭人の【太陽信仰に基づく統治哲学】は断片をつなぐと見えてくる

一級建築士の方が、銅鐸は測量用の器械であることを検証なさっておられます。
極端に大型化する前の段階では、銅鐸はこのように有鉤銅釧を組み合わせて吊る形で使われたと考えてほぼ間違いないでしょう。
http://bit.ly/2fn3j3G
銅鐸は陸上専用の測量器械で、鉱脈を探り出すための占いの祭具だったそうです。
測量器械+日時計+カレンダー+航海の無事を祈願する祭具+鉱脈を探る祭具と、いろんな使い方を持っている銅鐸。
http://bit.ly/2gaodQy

『近畿の大五芒星の実態に迫る』
(三角測量?古墳にも使われている五角測量術)
この図を見れば、古墳も三角測量ならぬ五角測量を行って築造されていたことが分かります。
http://bit.ly/2f2N24N

銅鐸は陸上専用の測量器械で、鉱脈を探り出すための占いの祭具だったのだそうです。
そのため大型化したものの、使われなくなっていったのだそうです。
測量器械+日時計+カレンダー+航海の無事を祈願する祭具+鉱脈を探る祭具と、いろんな使い方を持っているのが銅鐸だったようです。
http://bit.ly/2gaodQy

0:息長家の足跡(鉄の道)・・父系シュメール地域の解説は含まず

天日矛(秦氏)と赤留姫(多氏)の足跡を辿る旅

里帰り:http://bit.ly/2fmihnK
巨大古墳や鉄器文化をもたらして、弥生時代を古墳時代へと変革させた 渡来民族秦氏の移動経路上には、天日矛と赤留姫を祀った神社が遺されています。アイアンロードの地図を作ってみました。/ http://t.co/ULI3kXLc

※歴史捏造に注意:高句麗は中国。半島無関係・帰国ルートも半島スルー。

息長氏の足跡

息長氏の斎王家は女系のお家ということもあって、一般的な男系の古代豪族のような形でその実体を把握することが困難です。
皇室にとって最も重要な母系の氏族(真人の筆頭)とされながら、系図などが世に出ておらず 追跡が困難と言われている謎の氏族、息長氏の足跡を辿りやすくするためのマップを作ってみました。
一部一般公開されてこなかった情報を含みます。神代の神話の伝承と 実在する皇室を 繋ぐ糸口になればと思います。
http://bit.ly/2gw8TlF

1:九州から伸びるライン

九州から伸びるライン

大きくも小さくも、数多く伸びる 北北東方向のラインが 重要な意味を持つ。
主要な古墳が向いている方角も同じ。
http://bit.ly/2fljgGY

2:伊弉諾神宮を中心とした太陽の動き 流刑された一族の足跡

伊弉諾神宮を中心とした太陽の動き

各神社は、記紀神話の伝承に合致するように 意図的に 夏至 春分・秋分 冬至の 日の出と日の入りの方角に 配置されています。
http://bit.ly/2fWqRds
出雲
http://bit.ly/2gb7Vaa
まとめ
http://bit.ly/2gcBAzF

3:奈良を中心とした太陽の道の確認用

三輪山を通る太陽の道

http://bit.ly/2ffAkLD
古代ヤマト王権の太陽の道です。
奈良に都が移動して、近畿の大五芒星を描くために、伊勢神宮や伊弉諾神宮が創建される前は、これが聖なるラインだったわけです。
http://bit.ly/2fjPK4H

三輪山の神・・伊勢神宮の神
http://bit.ly/2fMbcxM

4:畿内大五芒星(正式名:大和五芒星)(上下は太陽中心)

カフェ プリマベーラで、秦氏は古墳を造営するのに必要な測量術を持っていた、という話題が出ました。
そんな高度な技術を古墳時代の人が持っている筈がないと、某大学の教授が仰ったので、コレを見せました。/ 畿内の大五芒星 – http://t.co/C5kD8DQb

5:古い時代の 太陽の道 の誤差

▼空路は「天鳥船」 熱気球を利用 着地は飛んで降りていた

夢祓の「宝船」は
「皇祖皇宗」=大日如来様の西方見聞録が元。その抜粋。
/odai/2147869731808863701

★三本足の鳥居は、鳥船神事で気球を膨らませる台。
#148298196859551703

▼大航海をしていた倭人の足跡

これはオーパーツではありません。銅鐸を盛んに鋳造した一族=息長斎皇家の遺産の一つです。八咫鏡にもおそらく北半球の地図が刻まれているものと思われます。
http://bit.ly/2gcXump

『八咫鏡に関する怪情報の真相に迫る』
http://bit.ly/2f3hegt
「伊勢神宮の八咫鏡」の偽情報に注意:
1 偽物http://bit.ly/2gGSJGY
2 偽物http://bit.ly/2fZCzUE

『八咫鏡に関する怪情報の真相に迫る』(神道に対する認識の歪曲工作の問題点)
エーゲ海で発見された十六菊花紋と同じ場所に、縄文式土器や銅鐸にも見られる連続する渦巻きが丁寧に描かれていることです。つまり八咫鏡に、太陽を産んだ女神が全ての生あるものを慈しむ光の慈愛の精神を象徴する十六菊花紋を描こうと思えば描けたのに、日像鏡や日矛鏡はわざわざ内向花紋鏡の様式にしてあるわけです。

http://bit.ly/2f3hegt