「写ルンです」が発売30周年。若者の間で使い捨てカメラがおしゃれ。

「写ルンです」が発売30周年。若者の間で使い捨てカメラがおしゃれ。

健在「写ルンです」30歳…若者のおしゃれアイテム?

レンズ付きフィルムのさきがけ、富士フイルムの「写ルンです」が発売30周年を迎える。家族や友人との旅行に持って行った、という人も多いのではないだろうか。

今年、「写ルンです」が30周年を迎えます。

シンプルで潔いデザインに長年ファンの多かった初代「写ルンです」は、今あらためて見ると、どこかレトロでかわいい。

写ルンです30周年アニバーサリーキット、かわいいので絶対買うし面白いから持ち歩いてみよう(予約注文)

1986年7月1日、まだまだカメラや写真が特別だった時代に「誰もがカンタンに撮れるカメラ」として生まれ、たくさんの人の”ファーストカメラ”になった「写ルンです」。

ライブハウスで若いお客さんが写ルンです使ってるの何回か見たけど、そういう感覚なのかー!そうなると意外とCDなんかもずっと無くならないかもね。 >RT

ブームのきっかけは“写ルンです”の初代が未来技術遺産に登録されたあたりから。

2015年頃からはSNSで、“写ルンです”で撮影した写真や、“写ルンですを持っている自分の写真”をアップする人が増加。

不便さからくるドキドキ感

写ルンですが若い層に受けてる理由が手間が逆に魅力という部分はこれからのゲーム・エンタメも参考になる部分ではないかという気がしなくもない。

現像に出してみたらピンボケなんてことも

「写ルンです」が若い人たちの間で流行り始めてる理由が「現像するまでどんな写真になるかわからないのが新鮮」ってのを見てジェネレーションギャップ……生まれた時から便利なものが多いから不便さがエンタメになる世代なのか

若い人には新鮮みたい

写ルンです。でとった写真たちがなかなかかわいい。

卒業式の日もっていった写ルンですをやっとこさ現像したのだけど、スマホ世代ならではの下手くそな写真がたくさん混じっててはちゃめちゃにかわいい pic.twitter.com/7Av2T8B5Qs

使い捨てカメラならではの味がいい

写ルンです現像してきた〜!遊園地自体レトロだったからもうかわいいしかない!!撮るときも1枚1枚大事にとるけど全部がいい写真にはならなくて難しいなあ〜って思った!加工なしで味がでる!すてき! pic.twitter.com/EcXK66jdfc

ふたりでどこか遠いところに行って、使い捨てカメラ1個ずつ買って、お互いをパシャパシャ撮りながら観光地でもなんでもない街を歩いて、帰ってきたら現像して一緒にアルバム作ってさあ、はあ pic.twitter.com/Zl1fu4wrHJ

フィルムカメラなので枚数制限があり、
たくさん撮ったり、撮り直しができない分
シャッターを押す瞬間に集中するのです。

その分、その瞬間を撮りたいという
思いの詰まった1枚が完成するのです。

PRまとめ

Leave a Reply

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

CAPTCHA
Refresh

*