映画「ピクセル」に出てくる「パックマン」の生みの親は偽物⁉︎

9月19日日本公開の映画「ピクセル」に出てくるパックマンの生みの親「岩谷徹」に関するまとめです。

9月19日に日本公開した映画「ピクセル」

ゲームオタク vs 80年代ゲームキャラ、今「決戦」がスタートする!

正直ピクセルが面白すぎてもう今年映画観なくていいくらいの満足感は得てしまったからな

映画見にいきたい~
ピクセル 見たい☺︎︎
アントマン見たい☺︎︎
S見たい☺︎︎
アンフェア 見たい☺︎︎
ほんまとりあえずこの4つみたい☺︎︎

この「パックマン」の生みの親は日本人の岩谷徹教授

東京都目黒区出身。大阪芸術大学客員教授、東京大学大学院特任教授、東京工芸大学教授

1980年には他の社員4人と共に「パックマン」を企画、開発した。

1983年発売の「リブルラブル」の企画兼プロデュースを境に、以降はプロデューサーを専業し「ドラゴンバスター」、「源平討魔伝」、「リッジレーサー」、「アルペンレーサー」、「タイムクライシス」など、数多くの作品を手がけた

そんな岩谷徹さんの手がパックマンに噛まれる?

予告でよく見るシーンですね!

全てをピクセル化させ、ブロック状にボロボロと破壊してしまう攻撃らしい

実は、この岩谷徹は日経俳優のデニス・アキヤマ氏で本人では無かった!

本人かと思うぐらいのそっくりですねw

NYで暴れまくるパックマンに対して、果たして生みの親がどのように対処するのか、この映画の大きな見どころとなっている

しかし、岩谷氏本人もカメオ出演していた!

それで、パックマンの生みの親の岩谷さんがカメオ出演されてたとか!気付かなかったー。
4gamer.net/games/999/G999…

→そういえば「ピクセル」、パックマンの開発者である岩谷徹さんが本名で登場するんですよね。もちろん役者さんが演じるんですけど、ご本人も冒頭にカメオ出演してらした。こういうリスペクトはいいですね。

PRまとめ

Leave a Reply

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

CAPTCHA
Refresh

*