そうそう、こんなのあったよね!嵐・相葉雅紀《主演連続ドラマ》年代順・視聴率から主題歌まで・・・

嵐の主演ドラマ。全員分をまとめるとあまりに膨大すぎて・・・というわけで個人別に分けて、年代順に視聴率から主題歌までをひとつにまとめてみました。それぞれの主演連続テレビドラマをデビュー当時の懐かしいものから、最近のものまで全て網羅してみました。主演ではないけど出演作もいくつか入れました。

少年たち(NHK総合)

家庭裁判所の調査官である広川一(上川隆也)を中心に、地方の家庭裁判所を舞台に繰り広げられる少年犯罪を扱ったドラマである。

検事の息子。万引き、窃盗、恐喝、器物破損の容疑で家庭裁判所で取調べを受ける。

ジャニーズJr.時代の相葉雅紀、山下智久が出演している。

出典嵐・相葉雅紀ドラマ・映画一覧

演技者 狂うがまま(フジテレビ)

天性のギャンブラー・一八(相葉雅紀)と弟分の博(村上信五)は、拾ったパチンコ玉一発から大当たりし、さらに万馬券を的中させ、一晩のうちに100万円を手に入れた。

マイガール(テレビ朝日)

カメラアシスタントの笠間正宗(相葉雅紀)の下に、ある日突然かつての恋人・塚本陽子(優香)の訃報が届く。陽子との思い出の場所を訪れた彼はコハル(石井萌々果)という名の女の子と出会い・・・。

笠間正宗

出典prcm.jp

アシスタントカメラマン

バーテンダー(テレビ朝日)

天才バーテンダー佐々倉溜(相葉雅紀)が傷付いた大人たちの心を究極のカクテルで癒していく。雑誌記者の来島美和(貫地谷しほり)は、かつて天才と謳われたバーテンダー・溜の行方を突き止めるが…。

ヨーロッパカクテルコンテストで優勝した天才バーテンダー

三毛猫ホームズの推理(日本テレビ)

2012年4月14日 - 6月23日(11回)平均視聴率 12.8%

出典jugem.jp

ダメダメ刑事・片山義太郎(相葉雅紀)は、一匹の不思議な三毛猫に突然出会う。この猫との出会いが片山の刑事生活の全てを変えてしまうことになる。いつもと同じく難解な事件に巻き込まれていく中、いつもとは違う奇妙なヒントに導かれていく片山。その影にはいつも、三毛猫の姿があった。

細身。捜査第一課殺人捜査第8係刑事。3人兄弟の次男で、洗濯、炊事、掃除など家事全般を完璧にこなし料理を作るのが趣味で得意である。

最終回のラストシーン・エピローグは「さよならホームズ…」と「おかえりホームズ!」2種類が撮影され、公式サイト・携帯サイト・データ放送で2012年6月23日にWエンディング投票が行われ得票数を獲得した一方のシーンが放送された。エンディングを視聴者の投票で決めるのは連続ドラマ史上初の試みとなる。投票結果は「さよならホームズ…」が5156042票、「おかえりホームズ!」が5498048票であったため、最終回・ラストシーンのエピローグは「おかえりホームズ!」が放送された。

PRまとめ

Leave a Reply

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

CAPTCHA
Refresh

*