【P・リーグ】これで完全理解!・・・今までP★LEAGUEに出場した全ボウラー紹介します!

BS日テレで好評放送中のボウリング革命P★LEAGUE。放送開始から第58戦までに出場している全てのボウラーを完全コンプリートしました。

【Pリーグ】第9シーズン第1戦・決勝

【Pリーグ】第9シーズン第1戦・準決勝第2試合

P★LEAGUE 出場者

浅田梨奈

プロボウラー。第48期、ライセンスNo.528。イースタンスポーツ所属。
P★LEAGUE第6戦から第32戦、第6シーズン第1戦(第58戦)に約4年ぶりに出場。第6戦-第8戦は全日本Jr.として、第9戦以降は全日本ナショナルチームとして出場。
第23戦で優勝。他準優勝1回、3位2回。
キャッチフレーズは最初は「16歳のスーパーホープ」
後に「エンジェル・スマイル」に変更。
第62回国民体育大会「秋田わか杉国体」(2007年開催)・第63回国民体育大会「チャレンジ!おおいた国体」(2008年開催)では、2年連続ボウリング競技PRポスターモデルを務めた。

安藤瞳

安藤瞳
プロボウラー。
第36戦から出場。
第1回次世代P★リーガー発掘プロジェクトに合格。
キャッチフレーズは「キューティーアイズ」。
ライセンスNo.469 43期生  東名ボール所属。

全日本ナショナルチームとして第3戦に出場。

プロボウラー。
P★LEAGUEは第1戦から第5戦まで出場。準優勝1回
キャッチフレーズは「炎のだんじり魂」。
大阪府出身 ライセンスNo.372 36期生。
アマチュア時代の1999年・2000年に全日本選抜選手権を連覇し、2001年にワールドカップで日本人として初優勝を果たし、2003年、日本のプロボウリング史上初めて、実技試験免除でプロ入りした。

岩見 彩乃

プロボウラー。
「第1回次世代P★リーガー発掘プロジェクト」に合格し第38戦からアマチュアボウラーとして出場。
第6シーズン第1戦(第58戦)からはプロボウラーとして参戦。
キャッチフレーズは「型破りなバックアッパー」。
3歩助走やバックアップなど独特なボウリングスタイルが持ち味。
千葉県出身。RAKUZO鎌取店・(株)サウンド・ストリー所属。
第48期、ライセンスNo537

浦麻紗実

プロボウラー
第2回次世代P★リーガー発掘プロジェクトの合格メンバー。
Pリーグは第5シーズンから出場、シーズン開幕直前に行われた6ショットチャレンジで19位以下となり、第56戦でデビューとなった。
キャッチフレーズはダイナマイト・ハニー。
JPBA第47期生。ライセンスNo.518(2014年交付)。奈良県出身。

遠藤未菜

大石奈緒

プロボウラー。
第11戦から出場。第34戦までは全日本ナショナルチームとして出場。
第12戦、第14戦、第16戦で優勝(優勝時はアマチュア)
プロ入り後は第4シーズン第2戦(第53戦)で優勝。
唯一、アマチュア・プロ両方で優勝を達成。
第8シーズン第1戦優勝
キャッチフレーズは「北国のニューヒロイン」だが、田町ハイレーンで無類の強さを見せる事から「田町の女王」の異名もある。
山形県天童市出身 ライセンスNo.487 45期生 株式会社マルヰ所属。
2012年にプロテストを受験してトップで合格。
同じく2012年には第7回MKチャリティカップ 優勝

大嶋有香

JPBA第49期生 ライセンスNo.545(2016年交付)埼玉県出身
キャッチフレーズは「気まぐれヴィーナス」
第8シーズンでデビュー

大山由里香

出典ameblo.jp

プロボウラー。
第1・第2戦に出場。キャッチフレーズは「ビジュアル系岸和田娘」。
大阪府岸和田市出身 ライセンス番号305 29期 株式会社900コーポレーション所属。
「全日本女子プロボウリング選手権」に出場し、当時の史上最年少で優勝。
2003年5月18日に放送されたダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!「史上空前4対1変則ボウリング対決」にて、松本チーム(松本人志・ココリコ・山崎邦正)と対戦する浜田雅功のコーチとして出演した。

片井文乃

プロボウラー。
第2戦から出場。第24戦までは全日本ナショナルチームのキャプテンとして出場。
第24戦優勝。(優勝時はアマチュア)準優勝3回、3位3回
キャッチフレーズはナショナルチームのキャプテンの時は「炎のキャプテン」プロ転向後は「炎のチャレンジャー」。
アマチュア時代は全日本選抜ボウリング選手権大会で第36回大会、第42回大会、第43回大会優勝、国民体育大会でも、NEW!!わかふじ国体や秋田わか杉国体にて女子個人戦で優勝。その後、ナショナルチームのキャプテンに就任した。
静岡県出身 ライセンスNo.464 43期生 株式会社900コーポレーション所属。

川﨑由意

身長:156cm
誕生日:12月2日
出身地:千葉県
所属:(株)サウンド・ストリー
プロ入り:2015年(48期生・ライセンスNo.533)
利き腕:右投げ
アベレージ(2015年):-
2015年 ポイント最終ランキング 113位
Pリーグ第7シーズンから参戦
キャッチフレーズは” KAWAYUI ” ポップガール

岸田有加

プロボウラー。
第26戦から出場。 第42戦3位 
キャッチフレーズは「情熱ポニーテール」。
大阪府出身 ライセンスNo.46 43期生 ACTエースレーン所属。
2010年にプロテストを受験。1998年に吉田真由美が記録したアベレージ209.39を破る214.35でトップ合格。2位の片井文乃はアベレージ214.29でわずか3ピン差だった。
(現在の記録は2013年に受験した小泉奈津美が記録した221.16が最高)

キムスルギ
韓国KPBAのプロボウラー。
P★LEAGUE初の外国人選手として第36戦から出場。
第42戦・第47戦優勝
キャッチフレーズは「ファイティン!Kガール」。
韓国・ソウル市出身 ライセンスNo.64 KPBA2期生
相模原パークレーンズと専属契約。
高校卒業と同時にプロテストに受験し、最年少(当時)で合格。

金城愛乃

プロボウラー。
第1戦から第36戦まで出場。第22戦3位。
キャッチフレーズは「沖縄ローリングクイーン」。
ライセンスNo.284 第27期生 プロショップベガ所属。
プロ入り後、デビュー年にレディース新人戦で優勝。

小池沙紀

JPBA第49期生。ライセンスNo.542
長崎県出身。アミュージアム高松所属。
キャッチフレーズは「長崎発!ポジティブ娘」
第8シーズン第2戦でデビュー

小泉奈津美

小泉奈津美
第19戦から出場。第30戦までは全日本ナショナルチームとして出場。第6シーズン第3戦・第7シーズン第1戦・第8シーズン第3戦優勝。第7シーズンチャンピオン。
キャッチフレーズは「ジャパンのド根性」から「逆襲のベイビーフェイス」。
神奈川県出身 ライセンスNo.497 46期生。
川崎グランドボウル所属。
アマチュア時代は第64回国民体育大会「トキめき新潟国体」(新潟県)のポスターも務めた。
2013年にプロテストを受験し、アベレージ221.16という歴代最高スコアでトップ合格。

PRまとめ

Leave a Reply

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

CAPTCHA
Refresh

*