兵庫のじいさんが作った、2mの百式のクオリティが凄すぎる

Loading...

兵庫のおじいさんが2mの百式を作り上げてしまいました。クオリティが高すぎたので写真に見とれてしまい、ついでにまとめてみました。

人気アニメ「機動戦士Zガンダム」に登場する「百式」と呼ばれるモビルスーツの大型木製模型を、兵庫県加古川市神野町石守の岡田健一さん(67)が完成させた

まずは素晴らしい百式の機体をどうぞ

百式、大地に立つ

おじいちゃんが約2メートルの『百式』を作成!重厚感があってかっけぇってレベルじゃねぇw.

近所のおじいさんはびっくり

なにしてるんだw

シャアが出てきそうです

デティールまで素晴らしい完成度

作ったのはこの人

兵庫県加古川市神野町石守の岡田健一さん(67)

実はゼータガンダムも作ってました

病気にも負けず、百式を作り上げた

昨年2月、同市内の農協のロビーに展示したところ、駆けつけたガンダムファンから「百式を作ってほしい」との声が寄せられた。
インターネットで調べた岡田さんも、百式のフォルムの美しさにほれ込み、今年4月に取りかかった。

だがその直後、自宅で脳梗塞を発症し、緊急入院。手術は成功し、幸い後遺症も残らず入院から12日後に退院。
「病院でも自分のことより、途中でほうりだした百式のことが気になった」という岡田さんは自宅に戻ると、すぐに工房の車庫に向かい、作業に取りかかったという。

大型の模型作りは、市販のプラモデルを参考に、60個のパーツを加工材を使って15倍に拡大したもの作るところからスタート。
大型の各パーツに塗料を何度も塗り重ね、最後にラッカーを吹き付け組み立てた。

完成した模型は高さ約2メートル、重さ約40キロ。
「念入りに塗装したことで、百式特有の金色の重厚な質感を出すことができたと」と岡田さん。
残念ながら2人の孫はガンダムに関心を示していないというが、ガンダムのとりこになった岡田さんは
「次はユニコーンガンダムを手がけたい」と、3作目に意欲を見せている。

ツイッターの反響

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA
Refresh

*