2015年11月7日公開の実写化映画『グラスホッパー』の情報をまとめました。キャスト・あらすじ・試写会・エキストラ・ロケ地・感想・原作など。ネタバレを含む場合があります。出演:生田斗真、浅野忠信、山田涼介、麻生久美子、波瑠ほか

人気小説『グラスホッパー』、生田斗真主演で映画化

監督:瀧本智行
出演:
生田斗真
浅野忠信
山田涼介
ほか

生田は通行人を巻き込む無差別“殺人”交通事故で恋人を失う中学教師・鈴木役。犯人への復讐を誓って職を捨て、裏社会の組織に潜入-物語はスリリングに展開していく。

鈴木が出会う、ターゲットを自殺に追い込む殺し屋・鯨(くじら)を浅野忠信(40)、ナイフ使いの殺し屋・蝉(せみ)を映画初出演のHey! Say! JUMP・山田涼介(21)が演じる。3人は初共演。

あらすじ

“押し屋”と呼ばれる殺し屋を巡り、恋人を失った気弱な元教師・鈴木と、自殺専門の殺し屋・鯨、ナイフ使いの天才である殺し屋・蝉という心に闇を抱えた3人の男が交錯する姿を描いた感涙のサスペンス

意図的に仕組まれた事件で恋人を失い復しゅう心に燃える鈴木、ミッションを完遂したタイミングである光景を目にしてしまった殺し屋・鯨、闇の組織から鯨を殺害する依頼を受けたナイフ使いの殺し屋・蝉の人生が交錯していく姿を描く。

登場人物・キャスト

鈴木/生田斗真

愛する恋人を殺害した犯人への復讐のため中学教師の職を捨て、裏社会の組織に潜入し、復讐の機会を窺う。殺しとは縁遠い、気弱で心優しい青年の唯一の武器は、今は亡き恋人への想い─。

鯨/浅野忠信

人の心を狂わせる“眼力”を持つ、自殺専門の殺し屋。その罪の意識から過去に殺した人間の幻覚に悩まされる。

蝉/山田涼介

若く、驚異的な身体能力を持ち、その俊敏なナイフ使いで依頼された殺しを着実にこなす。殺すことで“生”を感じる、若き殺し屋。

3人は初共演で、生田は「浅野さんは国内外を問わずに活躍されている先輩。たくさんの刺激をもらいたい」。ジャニーズ事務所後輩の山田については「彼の可愛らしい顔つきがこの映画の中でどう変化するのか、きっと今まで誰も見たことのない山田涼介になる」と期待している。

原作

著者自身が「今まで書いた小説のなかで一番達成感があった」と語る作品。鈴木・鯨・蝉の3人が代わる代わる語り手を務める。

後に井田ヒロト作画で漫画化され、『コミックチャージ』(角川書店)で連載された。

内容紹介
復讐を横取りされた。嘘?」元教師の鈴木は、妻を殺した男が車に轢かれる瞬間を目撃する。
どうやら「押し屋」と呼ばれる殺し屋の仕業らしい。
鈴木は正体を探るため、彼の後を追う。一方、自殺専門の殺し屋・鯨、ナイフ使いの若者・蝉も「押し屋」を追い始める。
それぞれの思惑のもとに――「鈴木」「鯨」「蝉」、三人の思いが交錯するとき、物語は唸りをあげて動き出す。

関連ツイート(↑新)

凶暴化したら一番怖そうな人は?
菜々緒☞山田
「どんな世界にも適合しそうだし山田さんには勝てなさそう」
(´‘▽‘`)ありがたいっすね。一発殴って欲しい♡
山田くんのドM発言に下を向く御三方と、前を見たままずっとニコニコしてる可愛い子 pic.twitter.com/kRjMOJHIA3

めざましアクア
凶暴化したら一番怖そうな人は?
山田☞生田

人間を壊す方法…
ここを切ったら人間は死ぬ…
すごいアクションレッスン。 pic.twitter.com/C75Pxw9mQD

映画『グラスホッパー』完成披露試写会、終了。生田斗真くんの演技はもちろんだけど、山田涼介くん、凄かった。『暗殺教室』より先に撮っていたから、この映画が映画初出演。信じられない。俳優・山田涼介、世界に羽ばたきそうな予感です。

わーーーーーグラスホッパーの完成披露試写会当たったよぉぉぉぉぉ。・゚(゚⊃ω⊂゚)゚・。♡♡良かった〜ちょー不安だった〜〜〜 pic.twitter.com/imuWOaKBLd

ZIP*グラスホッパー最新映像。山田のアクションシーンが初公開。ナイフ使いを習得するため、2ヶ月ものトレーニングを積んだとのこと。 pic.twitter.com/uoZ1pNuYAa

グラスホッパー山田涼介アクションシーン初公開だって〜〜〜!!!かっけえ!!! pic.twitter.com/vHOZiIjLUG

グラスホッパーのフライヤーをもらった!すごいすごいすごいかっこいい pic.twitter.com/u6ZSOfCcA7