あらゆる情報を、自由に組み合わせ、ひとつのページにまとめて保存・紹介できるサービス

You are reading

地上に広がる無数の花々。世界の絶景花畑

おでかけ・グルメ ニュースの概要

地上に広がる無数の花々。世界の絶景花畑

世界と日本の絶対見てみたい絶景花畑をまとめてみました。

ブルー・ボネットの花畑

ダラス市から南 エニスは、ブルーボネットが広がるお花畑で有名です。
テキサスに住む人たちは、今の時期になると ハイウェイ沿いや空き地にたくさん咲く、ブルーボネットと一緒に記念撮影をします。

ブルーボネットはテキサスの花ということでテキサス州で守られており、この花をプチッと切ったり抜いたりするのは違法と言われています。

アブラナ畑

アブラナの産地・雲南省羅平県では、毎年2月から3月にかけて、「菜の花祭り」が開催され、観光の目玉の一つになっている。シーズンには、約30万畝(約200平方キロ)のアブラナ畑に一斉に菜の花が咲き、羅平は花の海へと変わる。現地には国内・海外から多数の観光客が訪れる。

南カリフォルニア ワイルドフラワー

ゴールデンステートと言われるカリフォルニア州は、よくゴールドラッシュ(石油や金の発掘で人々が移動して来た事)と混同されるが、実はカリフォルニア州花であるオレンジ色のポピーが土地一面に広がり、明るい太陽の下でゴールドに輝いている景色から取られた。今でも南カリフォルニアでは、その州花であるオレンジ色のポピーが土地一面に広がる景色が見られる。

ラナンキュラスフィールド

カールスバッド市にあるザ・フラワー・フィールドでは、太平洋を望む50エーカーもの広大な敷地を使ってラナンキュラスを栽培しています。

ナマクアランド

南アフリカの北ケープ州・ナマクワランド。オレンジ、紫、白、黄色の花々が一斉に咲き誇り、熱狂的な花の競演が始まります。彼方まで続く花、花、花…これだけ多種多様で広大な花畑は、世界中を見回してもナマクワランドだけでしょう。約4000種もの植物が群生し、そのほとんどが固有種で、多肉植物だけでも1000種を数えます。8月中旬から9月上旬のわずか3週間だけ出現する幻の花園

限定された短い春の季節、地平線まで続く大平原や荒野、渓谷、一部では乾燥した半砂漠地帯が、一面ワイルド・フラワーのお花畑と化す自然の驚異は信じられない現象で見事と言うほかになく、この地方が「世界最大級のフラワーランド」と呼ばれる所以である。

西オーストラリアのワイルドフラワーー

毎年7~9月にかけ約12,000種のワイルドフラーが西オーストラリア州に咲き乱れます。

オランダの花畑

たくさんの花々が咲き誇っているオランダの花畑の美しい写真です。 広大な花畑を遠目から見ると、まるでカラフルな色の帯が規則正しく並んでいるようです。

3月の終わりから5月の2週目にかけて、オランダは花のシーズンになります。その年の気候によって、多少のずれはありますが、通常4月の後半がベストシーズンです。
3月の終わりなると、クロッカスが咲き始めます。スイセンや早咲きの小さなチューリップが4月のはじめに咲き始め、4月中旬になるとヒヤシンス、続いて4月後半から5月の1週目くらいまで、豪華なチューリップが咲き乱れます。

オランダの国花であり、代表的な風景を形成するチューリップ。
日本にやってくるチューリップのほとんどはオランダからの輸入だそうで、それだけたくさん栽培されているということです。

世界と日本の絶対見てみたい絶景花畑をまとめてみました。

ブルー・ボネットの花畑

ダラス市から南 エニスは、ブルーボネットが広がるお花畑で有名です。
テキサスに住む人たちは、今の時期になると ハイウェイ沿いや空き地にたくさん咲く、ブルーボネットと一緒に記念撮影をします。

ブルーボネットはテキサスの花ということでテキサス州で守られており、この花をプチッと切ったり抜いたりするのは違法と言われています。

アブラナ畑

アブラナの産地・雲南省羅平県では、毎年2月から3月にかけて、「菜の花祭り」が開催され、観光の目玉の一つになっている。シーズンには、約30万畝(約200平方キロ)のアブラナ畑に一斉に菜の花が咲き、羅平は花の海へと変わる。現地には国内・海外から多数の観光客が訪れる。

南カリフォルニア ワイルドフラワー

ゴールデンステートと言われるカリフォルニア州は、よくゴールドラッシュ(石油や金の発掘で人々が移動して来た事)と混同されるが、実はカリフォルニア州花であるオレンジ色のポピーが土地一面に広がり、明るい太陽の下でゴールドに輝いている景色から取られた。今でも南カリフォルニアでは、その州花であるオレンジ色のポピーが土地一面に広がる景色が見られる。

ラナンキュラスフィールド

カールスバッド市にあるザ・フラワー・フィールドでは、太平洋を望む50エーカーもの広大な敷地を使ってラナンキュラスを栽培しています。

ナマクアランド

南アフリカの北ケープ州・ナマクワランド。オレンジ、紫、白、黄色の花々が一斉に咲き誇り、熱狂的な花の競演が始まります。彼方まで続く花、花、花…これだけ多種多様で広大な花畑は、世界中を見回してもナマクワランドだけでしょう。約4000種もの植物が群生し、そのほとんどが固有種で、多肉植物だけでも1000種を数えます。8月中旬から9月上旬のわずか3週間だけ出現する幻の花園

限定された短い春の季節、地平線まで続く大平原や荒野、渓谷、一部では乾燥した半砂漠地帯が、一面ワイルド・フラワーのお花畑と化す自然の驚異は信じられない現象で見事と言うほかになく、この地方が「世界最大級のフラワーランド」と呼ばれる所以である。

西オーストラリアのワイルドフラワーー

毎年7~9月にかけ約12,000種のワイルドフラーが西オーストラリア州に咲き乱れます。

オランダの花畑

たくさんの花々が咲き誇っているオランダの花畑の美しい写真です。 広大な花畑を遠目から見ると、まるでカラフルな色の帯が規則正しく並んでいるようです。

3月の終わりから5月の2週目にかけて、オランダは花のシーズンになります。その年の気候によって、多少のずれはありますが、通常4月の後半がベストシーズンです。
3月の終わりなると、クロッカスが咲き始めます。スイセンや早咲きの小さなチューリップが4月のはじめに咲き始め、4月中旬になるとヒヤシンス、続いて4月後半から5月の1週目くらいまで、豪華なチューリップが咲き乱れます。

オランダの国花であり、代表的な風景を形成するチューリップ。
日本にやってくるチューリップのほとんどはオランダからの輸入だそうで、それだけたくさん栽培されているということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*