落合GM・谷繁監督、これからどうなる中日ドラゴンズ

落ちついて投げていた。高めに抜ける球がほとんどなかった。もっと球のキレも出てくるだろうし、試合を重ねる中で課題も出てくるはず。そこでしっかりやってほしい

そんなに出ていたのかと。今日は6~7割くらいの力でした。飛ばしすぎると故障してしまうので

やっと、というところです。投げられて安心してるけど、ここからがスタートなので気を引き締めたい。思った以上に腕が振れて、いい球がいったのでよかった

思ったより球数がいっちゃった。初日というより納得いくボールではなかったので、増えてしまった

2軍スタートで任せると言ってもらったので、責任を持って、自覚を持って1カ月を過ごしたいと思う

忍耐、我慢が必要だと感じた。投手の投げる球に対してもそうだ。変化球も攻め方も変わると思うので、対策をしていかないといけない

郷に入っては郷に従え-。タイプがまるで違う打者からも学び取ろうと必死だった。森ヘッドコーチも「日本の練習についていく忍耐もある」と認めていた。日本人らしい姿勢も、ビシエドの武器なのかもしれない。3年連続Bクラスのチームを浮上させるキーマンとなりそうだ。

PRまとめ

Leave a Reply

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

CAPTCHA
Refresh

*