2012年 台湾有名人 人気ランキング(女性編)

5位 隋棠(ソニア・スイ)

出典i1.hk

ソニア・スイ(隋棠、Sonia Sui、1980年10月22日 – )は台湾南投県出身のモデル、女優である。キャットウォーク・プロダクション・ハウス所属。身長172cm、てんびん座。

学時代は、台湾の国民中学で勉強し、13歳の時にポーランドに移り住む。その後、カナダ・マニトバ州にあるウィニペグ大学の心理学科へと進み、帰国後は偉特模特兒経紀公司(偉特モデルプロダクション)に在籍。

ワールドアジアモデルグランプリ(2002年)第2位、台湾国際モーターショー・モデルグランプリ(2006年)第1位、男人装(FHM)の百大女神(2008年)にて第四位の成績を収めるなどしていたが、近年ではドラマ出演も増えている。

4位 王心凌(シンディ・ワン)

王心凌(ワン・シンリン、英語: Cyndi Wang、シンディー・ワン、1982年9月5日- )は台湾新竹市出身の歌手・女優。華岡芸術学校卒業。祖先は、中国山東省青島市出身の客家系とされる。身長158cm、体重41kg。北京語、客家語、英語を話す。

2003年、エイベックス台湾より1stアルバム「Begins…」をリリースし、デビュー。代表曲に『愛你』『Honey』『Da Da Da』『睫毛彎彎』『Woosa Woosa』など。

2012年、ナノブロックのCMソングに起用される

浮気問題、ライブ時の口パク、ぶりっ子、等々、様々な理由で台湾女性から嫌われてるが、男性からは絶大な人気を得ている。

3位 陳庭妮(アニー・チェン)

陳庭妮 (Annie Chen,1989年4月28日-)は台中市出身のモデル・女優。國中就讀衛道中学、高中畢業於台中市新民高校、曾就讀桃園縣開南大学卒業。身高175cm、体重不明、血型B型。

2位 楊丞琳(レイニー・ヤン)

楊 丞琳(ヤン・チェンリン、英: Rainie Yang、レイニー・ヤン、1984年6月4日 – )は、台湾を中心として香港、中国などの中国語圏芸能界で活動する台湾出身の女性歌手、女優。広東省をルーツに持つ外省人2世である

台北市生まれ。華岡芸術学校中退後、2000年にアイドルグループ「4 in Love」としてデビュー。この時代に英名「Rainie」[2]が付けられた(4 in Loveの4人にはそれぞれSunnie、Windie、Cloudie、Rainieと気象に関連する英名が付けられていた)。その後、『流星花園』『あすなろ白書』などのドラマ出演で女優としても活動した。

2005年にアルバム『曖昧』をリリースしてソロデビュー、2006年に2枚目のアルバム『遇上愛』をリリースした。また、日本の人気ガールズバンドZONEの楽曲『TRUE BLUE』もカバーした。2005年4月、2006年3月に公式に来日し、流暢な日本語を披露した。

2003年―テレビ番組出演中に、自身が司会の一人であった台湾の人気番組「我猜我猜我猜猜猜」(香港のフェニックステレビを介して中国でも放送されている)において、主司会者の呉宗憲から日中戦争の期間を問われ、「11年」と答えた。しかも司会者からの「8年です」の指摘に「たった8年?」と返した。更に、「中国人はダサい」「私の前世は絶対に日本人」と発言するなどしたことから、インターネット上で中国の一部視聴者らから過大とも言えるバッシングを受けた。

1位 S.H.E

S.H.E(エスエイチイー)は、台湾出身でアジア圏を舞台に活動する女性ボーカルトリオ。

結成以来、精力的に音楽活動を実施してきたほか、高視聴率を誇るバラエティ番組「我猜我猜我猜猜猜」など、司会の経験もあり、幅広い活躍範囲を誇る文字通りの台湾トップアイドルグループである。台湾のみならず、中国、香港、マレーシア、シンガポールなどの中国語圏で人気を獲得している。

歌手としては、典型的アイドル歌謡から、アップテンポなダンスチューン、スローバラード、ロックバラード、R’n’Bまでもこなす。声質や歌唱方法に各個人独特の持ち味があり、各人が持ち味を発揮してハーモニーを形成して完成度の高いパフォーマンスを実現している。

来歴

「宇宙2000實力美少女選拔」(新人女性歌手発掘オーディション)で選ばれたセリーナ(Selina)、ヒビ(Hebe)、エラ(Ella)の三人の頭文字をとってS.H.Eと名付けられ、2001年から活動を開始。

2003年、日本の国土交通省からビジット・ジャパン・キャンペーン親善特使に任命された。

2006年11月6日にはパシフィコ横浜国立大ホールで開催された「中華年記念音楽祭」に出演。これは日本での最初の公式コンサートとなった。

番外編

林 志玲(リン・チーリン、1974年11月29日 – )は、台湾のモデル兼女優。174センチメートル、52キログラム、86-61-91。O型。日本ではエイベックス・マネジメントと所属契約。“台湾一有名なモデル”と言われ、その動向や言動は常に台湾メディアの注目の的とされてきた。

台湾において2003年頃から“第一美女(ナンバーワン美女)”として人気が急上昇し、以来、数多の広告媒体への露出や、各種司会、テレビコマーシャル、映画、さらには親善大使の活動などを継続し、いつしか“台湾第一名模(台湾のナンバーワンモデル)”の呼び名を持つに至る[9]。

ビビアン・スー(Vivian Hsu、徐 若瑄(シュー・ルオシュエン)、1975年3月19日 – )は、台湾タイヤル族出身のマルチタレント。現在は台湾、日本、中国を拠点に活動をしており、歌手、女優だけではなく作詞活動など幅広く活動している。

PRまとめ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA
Refresh

*