【画像】エヴァンゲリオンシリーズ(EVA)【初号機~13号機】

2012年11月17日に新劇場版Qが公開され、もう、改弐号機やらMark.06(マークシックス)やらもうわけがわからない!っていうあなたとわたしのためにつくりました。テレビアニメ・旧劇場版、新劇場それぞれ、初号機から順番に並べてみました。

※作成途中です

機体番号表記について

日本国内で建造された零号機・初号機・弐号機(組み立てのみドイツ)は漢数字。
日本国外で建造された3号機~13号機はアラビア数字。

■新世紀エヴァンゲリオン (1995-1996年)/新世紀エヴァンゲリオン劇場版(1997年、1998年)

正式名称は、「汎用人型決戦兵器 人造人間エヴァンゲリオン」

零号機

搭乗パイロットは綾波レイ(ファースト・チルドレン)。
山吹色。単眼。コアは無し?

最初に製作されたプロトタイプ(試作機)。
レイの起動実験中に暴走したため、凍結されていたが、第5使徒ラミエル襲来直前に凍結解除して起動に成功し、「ヤシマ作戦」に投入され、大破。

山下いくとがデザイン。

改・零号機

「ヤシマ作戦」にて大破した後、装甲板と肩部ウェポンラックを取り付け機体色も青に変更する改装を施され、第9使徒マトリエル戦から実戦配備された。

山下いくとがデザイン。

初号機

搭乗パイロットは碇シンジ(サードチルドレン)。
双眼。コアは碇ユイ。
EVAシリーズのテストタイプ(実験機)。リリスより製作された唯一の機体。

山下いくとがデザイン。

搭乗者の生命に危機が迫ると、たとえバッテリー切れの状態であっても突如コアが反応して搭乗者の意思に関係無く暴走する。

弐号機

搭乗パイロットは惣流・アスカ・ラングレー(セカンド・チルドレン)。
四眼。コアは惣流・キョウコ・ツェッペリン。
アダムより製作された、エヴァンゲリオンの量産化を前提として開発された。先行量産機。「本物のエヴァンゲリオン」と呼べる機体。

山下いくとがデザイン。

弐号機(劇場版)

劇場版第25話以降は、頭部や肘、肩および前腕と胴体の太さなどのバランスが異なる。

本田雄が再デザイン。

3号機

搭乗パイロットは鈴原トウジ(フォース・チルドレン)。
双眼。コアは不明。
頭部以外は弐号機と同じ。頭部は角が無い以外は初号機と似ている。

米国より移送中に第13使徒バルディエルに寄生され、ダミープラグによって暴走した初号機との戦闘の末、原形を留めないほどに破壊される。

山下いくとがデザイン。

4号機

TVシリーズでは外観描写は無い。
米国NERV第2支部でのS2機関の暴走により、周りの関連研究施設と共に消滅。

量産型(5号機~13号機)

搭乗パイロットは、ダミーシステム。
眼は無し。コアは不明。
9体の量産型機。カヲルがベースとなったダミープラグにより稼動。

収納展開が自在な翼を背面に内蔵しており、自力飛行が可能。携帯武器は諸刃の剣。

本田雄がデザイン。

見た目での区別はつかないが、脚本や絵コンテでは9体の量産機はそれぞれ全て機体番号で区別されている。製作地は、5、6号機がドイツ、8号機が中国。

PRまとめ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA
Refresh

*