もう一度振り返りたい【リッチマン、プアウーマン】名言・名台詞・名シーン

リッチマン、プアウーマンについて

リッチマン、プアウーマンとは?

もう一度振り返りたい【リッチマン、プアウーマン】名言・名台詞・名シーン

『リッチマン、プアウーマン』は、2012年7月9日から2012年9月17日までフジテレビ系列月9枠(21:00 – 21:54〈JST〉)で放送された日本のテレビドラマ。全11回。公式な略称は『リチプア』[1]、『RMPW』[2]。主演は小栗旬、ヒロイン役に石原さとみを起用し、IT企業を舞台とした恋愛ドラマである。

もう一度振り返りたい【リッチマン、プアウーマン】名言・名台詞・名シーン

もう一度振り返りたい【リッチマン、プアウーマン】名言・名台詞・名シーン

【名言・名台詞・名シーン】

もう一度振り返りたい【リッチマン、プアウーマン】名言・名台詞・名シーン

朝比奈「お前ならできるだろう」徹「それは僕を動かす魔法の言葉か?」朝比奈「俺にはできない。でも日向徹にならできる。そう思った時に使うんだ。」

もう一度振り返りたい【リッチマン、プアウーマン】名言・名台詞・名シーン

日向「昨日驚いたことで、今日、人はもう驚かない。でもそれは、昨日なかったものが、今日は当たり前になるってことだ。」

日向「ここは学校じゃない。報酬に見合うだけの仕事をしていないと感じるなら、会社の利益になるような仕事を生み出せ」

日向「新しく生まれて来たものを否定して旧態依然としているより、新しいものの実力を見極めて、取り入れる。それが本当に賢い人のやり方ではないですか?」

日向「家電メーカーと同じものしか作れないなら勝ち目はない。でも僕らの強みはなんだ?今まで誰も見たことがないものを作れることだ。」

朝比奈「横暴だよな、日向。冗談じゃねえって思うよな。でもさ。見たこともないものを作るって、やっぱ、いいなって思わない?」

日向「お前(真琴)の方がわかってたんだ。このプロジェクトは『何を作るか』じゃない。『誰が使うか』なんだ。」

もう一度振り返りたい【リッチマン、プアウーマン】名言・名台詞・名シーン

朝比奈「俺はこの会社を、日本を代表する一流企業にしたいんだ」日向「一流か・・・そういうものを求めているのか。」「朝比奈、初めて君に失望したよ」

日向「小川さんはバグを徹底的に洗い出してくれ。細・・・木くん、君は色の再現が得意だったな。君たちにも手伝ってもらいたい。ここからは・・・僕一人では作れない。」小川・細木「はい!」

もう一度振り返りたい【リッチマン、プアウーマン】名言・名台詞・名シーン

日向「いつもの生活に不満がないなら、わざわざ新しいことなんてしない。機械は怖い、触る習慣がない。そういう人が触ってみたい、これ欲しい、そう思える物じゃなきゃダメなんだ。」

朝比奈「10億か・・・なんか中途半端っていうか、要するに買収だろ?俺たちのこの会社をたった10億で売り渡すのか?遠野、お前は人が良すぎるよ。」日向「稼いだ金の額で評価されたいのか。意外に小さい男だな。」

日向「ありがとう。酒井貴宏さん、僕はあなたの名前をこれからもずっと覚えている。あなたが託してくれた200万という期待に応えられなくて…本当に悔しい。これで終わりなら僕は本当に詐欺師だ。だからもう一度チャンスを下さい。必ず、この世を良くする。」

日向「大丈夫だ、心配するな。打つ手なんていくらでもある。しかも嘘じゃない。僕をなんだと思ってる。」

日向「流出してしまいました、すみません、だけじゃユーザーは納得しない。そっちも何かしら傷を負えというのが当然だ。1人1人に行き渡る額は少なくても、こっちにしたら50億。相当な痛手だ。でも痛手を負わなければ信頼は回復できない。」

PRまとめ

Leave a Reply

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

CAPTCHA
Refresh

*