土佐犬がどんな感じか分かる写真・画像まとめ

土佐犬がどんな感じか分かる写真・画像まとめ

土佐犬

土佐闘犬(とさとうけん)は、明治時代に入ってから、闘犬の盛んな四国、土佐藩でその地の地犬(四国犬)に、前田犬、イングリッシュ・マスティフ(Old English Mastiff)やブルドッグ(bulldog)、ブルテリア(bull terrier)、グレート・デーン(great dane)などを配し作られた犬の品種である。

イギリスやフランス、ドイツなどの国では、土佐闘犬などの闘犬を「危険犬種」としてペット飼育の規制対象に指定されていたり、飼育が可能な場合であっても、口輪の装着など厳重な管理が義務付けられていたりする。日本においては、飼主のずさんな管理による咬傷事故が絶えないのが現状であるが、特に規制はされておらず、一部自治体にて規制されているのみである

凶暴すぎる土佐犬

かなり強い犬で、飼い主に従順でありながら、飼い主以外の人を襲う事もあります。

北海道白老町竹浦の海岸で2月、近所の主婦(59)が土佐犬に襲われて溺死した事件で、重過失致死容疑で逮捕された飼い主で、近くに住む無職佐治清容疑者(65)が事件後、犬に付いた血を拭き取ってから警察に届け出ていたことが25日、捜査関係者への取材で分かった。

飼い主や子供や高齢者が土佐闘犬に襲われて死亡したり重傷を負うといった事件が度々発生しており、社会問題となっている。よく訓練された個体に見えても知能は高くなく、何かの拍子に驚いたりした場合に興奮状態に陥りやすく、見境無く飼い主に噛み付いてしまうケースもある。他の犬に驚いて走り出した土佐闘犬が飼い主を引きずってしまい、転倒した飼い主を興奮状態で噛み殺してしまうという事件も起きている[1]。このため散歩の際は、余裕を持ったコースで、口輪を噛ませ、リードを付けて落ち着いて行うことが求められる。

大型犬で、ウマのような体格になる土佐犬もいるといわれています。

非常に大きなものになると、大人の腰の高さまで達する事もあり、大人でも扱うのが難しいと言われています。

力が強いので、付けるロープも強力なものが選ばれています。

筋肉の付き具合などがかなり強力な犬である事がわかります。

大型犬で人間を襲う事もあると言われていますが、飼い主にだけは従順です。

土佐犬

出典inublo.jp

闘牛犬として利用される事が多い犬種です。

土佐犬は、耳が噛まれてもよいように垂れ下がっており、目つきは鋭くて、体の皮膚も非常に丈夫に出来上がっています。

土佐犬の横綱

出典ameblo.jp

さすがに横綱ともなると肉が非常にしまっていて、強さを感じさせる犬になっています。

土佐犬の子犬

PRまとめ

Leave a Reply

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

CAPTCHA
Refresh

*