【特撮】初代ウルトラマン怪獣まとめ【画像・設定】

初代ウルトラマンに出現した怪獣のまとめになります。

【特撮】初代ウルトラマン怪獣まとめ

初代ウルトラマンに出現した怪獣のまとめになります。

第1話「ウルトラ作戦第一号」に登場。
身長:50メートル
体重:2万5000トン
出身地:M35星

「宇宙の平和を乱す悪魔のような怪獣」として恐れられている。ウルトラマンによる宇宙の墓場への護送中に逃走し、地球に飛来。全身にウロコと鋭いトゲが生え、小さな腕と長い尾を持ち、2足歩行を行う。宇宙空間では青い球体と化して高速飛行する。口から吐く青色熱光線の威力は絶大だが腕が退化しており格闘戦は苦手。科学特捜隊の作戦により潜んでいた竜ヶ森湖から出現、ウルトラマンと戦い、最期は青い球体になって逃亡を企てるもスペシウム光線を受けて撃破された。

第2話「侵略者を撃て」に登場。
身長:ミクロ – 50メートル
体重:0 – 1万5,000トン
出身地:バルタン星

故郷のバルタン星を「狂った科学者」による核実験により失い、たまたま宇宙旅行中だったためその難を逃れて20億3千万人の仲間と共に宇宙船で放浪していた異星人。「宇宙忍者」という異名どおり、多彩かつ特異な能力を持っている種族である。火星にある物質「スペシウム」を弱点としている。
武器は両手のハサミから出す、「赤色凍結光線」と「白色破壊光弾」。設定のみだが、足には物体を腐らせる液体が入った袋がある。また、防御能力として数多の分身攻撃を作ることができる。

第3話「科特隊出撃せよ」に登場。
体長:45メートル
体重:4万トン
出身地:伊豆・伊和見山の井戸

普段は透明で眼に見えないが、電気を食べる時だけ姿を表す。最大の武器は頭部の触覚2本と鼻先の角とを合わせて放つ電撃だが、大した威力は無く、人間に対しては気絶する程度で、ウルトラマンに対しては全く効果が無かった。
ウルトラマンとの激闘の末に角を圧し折られ弱ったところを高々と持ち上げられて叩きつけられ動きを止めたところをスペシウム光線で爆死した。

第4話「大爆発五秒前」に登場。
身長:30メートル
体重:2万トン
出身地:日本海溝5,000mの深海

1匹のラゴンが、太平洋に墜落したロケットに積まれていた惑星開発用の原子爆弾の1個が日本海溝の深海で爆発した影響で巨大化し、さらに凶暴化した。
放射能の影響で得た、口からの白色放射能光線でジェットビートルを撃墜した。科学特捜隊は海上自衛隊の護衛艦から音楽を流して沈静化させようとしたが、好きだった音楽も放射能の影響で嫌いになっていて通用せず、逆に暴れだした。最後はウルトランのスペシウム光線を浴びて、海中に没するが生死は不明。

第5話「ミロガンダの秘密」に登場。
身長:2 – 40メートル
体重:10 – 2万トン
出身地:オイリス島

オイリス島の食虫植物のミロガンダが、品種改良のために浴びせられた放射線で狂暴化した。自らの成長に欠かせないオイリス島にしか存在しない栄養素を補うため、オイリス島の水を飲んで帰ってきた調査隊員たちを襲う。鉢植えサイズから等身大まで成長し、さらにスーパーガンのエネルギーを吸収して巨大化した。武器は口状の開口部から吐く緑色の麻酔液でウルトラマンを苦しめた。最期は花弁の中央にある弱点のクロロフィル核にスペシウム光線を浴びて炎上して灰になった。

第6話「沿岸警備命令」に登場。
身長:60メートル
体重:1万トン
出身地:ブラジル

ブラジルに生息するカカオや害虫を好んで食べるトカゲが、カカオを輸出する際にカカオ豆と一緒に日本に運ばれてきて東京湾の汚水を吸収し、その影響で怪獣化した。全身に生えている毛には猛毒があり、自分より大きな敵をも倒してしまう。また、大きな音や刺激に敏感で怒り狂うという性質がある。ウルトラマンにもその猛毒で苦戦を強いたが、弱点の頭部の鰭をもぎ取られ、弱って東京湾に沈んだ。

第7話「バラージの青い石」に登場。
身長:40メートル
体重:2万トン
出身地:中近東・バラージ

「伝説の町バラージ」が存在するといわれるところに、遥か昔から生息していた怪獣。5千年前、バラージの町を襲ったことがあり、そのときはウルトラマンに姿がそっくりな古代ウルトラマン「ノアの神」によって倒された。そして現代に再び復活してバラージの町を襲った。
その姿はアリジゴクのようで、頭部には巨大な一対の大顎を有する。砂漠に擂鉢状の巣を作って獲物が落ちるのを待ち構えている。大あごの間からは強力な虹色の磁力光線を出すことができ、それを発射して飛行機を落とし、人間を食べていた。

第8話「怪獣無法地帯」登場。
身長:45メートル
体重:2万トン
出身地:太平洋・多々良島

チャンドラーの右の翼を引きちぎって退散させたり、その咆哮を耳にしたマグラーが地中に姿を隠す等の様子から、島の怪獣の中でも上位の存在であることが描写されている。知能はそれほど高くはなく、頭上に掲げた大岩を自分の足に落として大袈裟なポーズで痛がるなどコミカルな一面を見せるが、自分より小柄なピグモンを岩を投げて殺害する等、本質的には非常に凶暴である。自慢の腕力を使った岩石投げ、体当たりなどを得意とする。

第8話「怪獣無法地帯」に登場。
身長:36メートル
体重:1万5000トン

劇中ではレッドキングやマグラー、ピグモンなど他の怪獣と多々良島に棲息しており、多々良島の火山活動によって復活した太古の生物と設定されている。両腕の翼で空は飛べないが、風速60メートルの強風を起こすことができる。また、鋭い牙も武器であり、レッドキングとの戦いでは肩に噛みついて怪我を負わせている。しかし、直後レッドキングに右側の翼を引きちぎられて逃亡。その後の消息は不明。

第8話「怪獣無法地帯」に登場。「マグラ」と呼ばれることもある。
身長:40メートル
体重:2万5000トン
出身地:太平洋・多々良島

多々良島に生息する。多々良島には他にレッドキングやチャンドラーなどの怪獣が生息しており、地中から現れたところでチャンドラーを倒したレッドキングを目の当たりにし、恐れをなして再び地中に逃げてしまった。その後、科学特捜隊のハヤタとムラマツキャップの前に現れ、2人を襲おうとし、ハヤタを崖から突き落とすがナパーム手榴弾を受け倒された。

第8話「怪獣無法地帯」、
第37話「小さな英雄」に登場。
身長:1メートル
体重:10キログラム

第8話では多々良島に住んでおり、怪獣達に襲われた測候所員の松井を助けたが、その後レッドキングに岩を投げつけられ命を落とした。

第37話では60匹以上の怪獣を復活させようとしているジェロニモンによって復活。
東京へ移動し、ジェロニモンの計画を科学特捜隊に知らせる。
その後、科学特捜隊と共に怪獣たちの元へ向かうがイデを庇い、再生ドラコに叩き潰されて絶命。この時の行動により科学特捜隊はピグモンに特別隊員の称号を贈った。

第9話「電光石火作戦」に登場。
身長:50メートル
体重:2万5千トン

劇中では暴風に紛れて復興活動中の村を襲う。武器は口から吐く放射能光線。ウラン235を好物としている。食べる時にもウランを放射するので周囲にいることは非常に危険。普段は四足歩行で行動するが、戦闘時になると後肢で立つ。防衛隊と科学特捜隊の火炎攻撃及びウラン235をぶら下げたヘリコプターで誘導され、これを撃墜して捕食しようとしたが、ウルトラマンの飛び蹴りにひるんだところへヒレを2枚もぎとられ、パンチを浴びて弱ったところで首投げを受けて絶命した。

第10話「謎の恐竜基地」に登場。
身長:45メートル
体重:2万トン

元々はネス湖にいた恐竜の生き残り。モンスター博士(二階堂教授)によって日本に運ばれ、北山湖で密かに飼育されているうちに体質が変化していき、最終的に怪獣化したもの。体質変化に伴い、口から熱線を吐けるようになった。

外見上の大きな特徴は首の周りにある大きな襟巻きである。ウルトラマンに戦闘を挑んだ際に、その襟巻きはもぎ取られた。闘牛士が持つ赤い布のように襟巻きをひらつかせたウルトラマンへ突進してはかわされ、最後はすれ違いざまのウルトラ霞斬りで急所を衝かれ血を吐いて絶命した。

第11話「宇宙から来た暴れん坊」に登場。
身長:2.2 – 50メートル
体重:60キログラム – 6万トン
出身地:東京近郊

突如宇宙から飛来した、2m以内にいる人間の脳波を受信してその人間の思った物に変化する石が、金儲けを企む鬼田という男によって盗まれ、鬼田が石に「怪獣になれ」と願ったために変化した姿。
鬼田が意識を取り戻してギャンゴの事を忘れない限り消えることが無い。
ウルトラマンとの戦いで、カラータイマーが赤に変わったところで鬼田の意識が回復し、科学センターの山本博士に詰め寄られてギャンゴの事を忘れてしまったため、元の石に戻った。その後、石はウルトラマンの手で宇宙に返された。

第12話「ミイラの叫び」に登場。
身長:30メートル
体重:2万5000トン
出身地:奥多摩・鬼の台丘陵

ミイラ人間の伴侶動物と思われる怪獣で、古代に描かれたとみられる壁画が発見された奥多摩の鬼ノ台丘陵の洞窟に眠っていたが、同じ洞窟から発掘されたミイラ人間の咆吼によって目覚め、ミイラ人間の絶命と同時に洞窟から姿を現した。
ミイラ人間への忠誠からか、進路沿いにある施設を破壊しながらその遺骸のある東京を目指した。最大の武器はミイラ人間と同じく両目から出す怪光線。
ウルトラマンに背中に馬乗りにされ、何とか振り落とすも直後にスペシウム光線を受けて絶命した。

第12話「ミイラの叫び」に登場。
身長:2メートル
体重:110キログラム
出身地:奥多摩・鬼の台丘陵

古代に描かれたとみられる壁画が発見された奥多摩の鬼ノ台丘陵の洞窟で、7千年前のミイラとして発掘された。科学センターに保管された夜、自らの念力で保管部屋の電源装置を作動させ、電撃のショックで蘇った。

目から出す怪光線で警備員2人を殺害して科学センターから逃走し、再び眠りにつくために発掘された洞窟へ向かった。怪力で、怪光線はドドンゴの物と見た目は同一である。出動した科学特捜隊に下水処理場へ追いつめられ、不気味な咆吼でドドンゴを目覚めさせた。

第13話「オイルSOS」に登場。
身長:50メートル
体重:2万5000トン

海底に生息するヒトデが怪獣化した巨大生物。ヒトデが横に連結したような独特の形態で、中心に青白い炎を吐く顔を有する。オイルを主食としており、中近東で油田やタンカーを襲っていたが、科学特捜隊中近東支部に警戒されたため、日本までやって来た。日本に来てからも次々とタンカーを襲っていたため、科特隊によってオイルでおびき出されて海上で攻撃を受けるが生き延び、日本への上陸を果たす。

第14話「真珠貝防衛指令」に登場。
身長:35メートル
体重:1万トン
出身地:伊勢湾沖の海底

海に生息する両生類と鯨を足したような怪獣で、真珠を常食とする(管のような舌を伸ばして掃除機のように吸い取る)食性に従い、世界各地の真珠貝の産地を襲って真珠価格の暴騰を招いた。三重県鳥羽市の真珠養殖場を襲い、科学特捜隊の真珠爆弾による攻撃を受けるが、攻撃によって逆に体質が強化された。また、潮吹きも武器である。最期は科学特捜隊のロケットブースターユニットを尻尾に撃ち込まれて空に飛ばされ、空中でウルトラマンと激突し、爆発四散した。

第15話「恐怖の宇宙線」に登場。
身長:30メートル
体重:2万トン
出身地:宇宙線研究所付近の土管置場

ムシバ少年が土管に描いた想像上の怪獣・ガヴァドンの絵が未知の宇宙線に当たり、激しい閃光とともに実体化して誕生した。
何もせずにただ大迷惑な騒音級のいびきをかいて寝ているだけで、科学特捜隊によって尻尾を切断されても眠ったまま夕暮れと共に消えた。
謎の宇宙線により落書きが実体化した事が判明した為、子供たちによりさらに怪獣らしい外見へと描き直され、日の出と共にガヴァドンBとなって実体化し、東京丸の内に出現する。

身長:60メートル
体重:4万トン

やはりこちらもただ寝ているだけだったが、出現した場所が東京丸の内だった為、日本経済に大打撃を与えてしまう。

科特隊によるガヴァドンBへの攻撃が開始されると、子供達の「やめろ」コールが上がり、後から現れたウルトラマンに対しても「帰ってくれよ」等の罵声が浴びせられ、逆にガヴァドンBが声援を受けるという状況となった。
結局、ガヴァドンはウルトラマンによって宇宙へと運ばれ、毎年7月7日の夜にガヴァドンと子供達があえるように、空に輝く星の一つにされた。
尚、「七夕の日、雨が降ったらどうなるんだよ?」と言うムシバ少年の問いに対にウルトラマンは答えなかった

第16話「科特隊宇宙へ」に登場。
身長:ミクロ – 50メートル
体重:0 – 1万5,000トン

ウルトラマンによって壊滅的な被害を受けたが、何とか生き延びた集団はR惑星に逃れ、新たな故郷を見つけたものの地球侵略とウルトラマンへの復讐の機会を窺っていた。

胸部にスペルゲン反射盤を装備し、弱点であるスペシウム光線を跳ね返すことが可能になった。更には光波バリヤーを張り巡らせることが可能になり、これによって八つ裂き光輪を防いだ。武器はハサミから発せられる重力嵐。その他、ミニバルタンが手から破壊光弾を発射する。

第17話「無限へのパスポート」に登場。
身長:60メートル
体重:6万トン

バローン砂漠で発見された「二つを同じ場所に置くと融合して巨大な生物になる」という二つの隕石が、科学特捜隊の基地で同じ場所に保管されたために融合して誕生。

科特隊の基地を四次元空間で覆い、科特隊のメンバーを無限の階段に上がらせるなどの現象で翻弄した後、出動した防衛軍も体表の孔から伸ばした四次元繊毛で、戦車が空を飛ぶなどの四次元現象を起こして全滅させた。
ウルトラマンの高速回転によって攻撃を狂わせられ、四次元繊毛を破壊されて空へ逃げようとしたところをスペシウム光線の2連発で元の隕石の姿に戻る。

第18話「遊星から来た兄弟」に登場。
身長:1.8 – 40メートル
体重:30 – 2万トン

これまでにも多くの星を滅ぼしてきたザラブ星の工作員の一人。母星のザラブ星は第8銀河系にあると語っていた。ザラブ星人は他の文明を滅ぼすことを目的としており、様々な星で暗躍している。破壊怪音波とそれを利用した催眠術、指先からの「エネルギーバルカン」、身体から放出する「放射性ガス」の他に、高い耐久性を持ち動くとより強力に拘束する拘束用テープを持つ。なお、拘束用テープは人間の涙を浴びると劣化する性質を持つ。

第18話「遊星から来た兄弟」に登場。
身長:40メートル
体重:2万トン

地球人とウルトラマンの関係を険悪化させようと狙うザラブ星人が化けた偽者であり、夜の市街地を破壊した。あくまでザラブが姿を真似ただけなので、スペシウム光線などの特殊能力を備えていない。
本物に比べ目が異常に釣り上がっており、耳やつま先や顎が尖っていてボディの赤いラインに黒縁が見られるなど本物と異なる点が多く、区別は容易である。暴れているところへ思いがけず本物が現れ、空を飛んで、逃亡しようとしたが、ウルトラマンのスペシウム光線を受け、本来の姿に戻ってしまった。

第19話「悪魔はふたたび」に登場。
身長:60メートル
体重:2万トン

3億5000年前の超古代文明に「青い悪魔」と恐れられ、液化されてカプセルに封じ込まれていた青い古代怪獣。巨大な頭部が特徴であり、強靭な体力の持ち主。口から泡状の溶解液を吐いて何でも溶かしてしまう。工事現場で発掘され調査のために運ばれた鉱物試験所で10万ボルトの電気ショックを受けて復活した。

都市を蹂躙し、先に復活した怪獣バニラと激突。科学特捜隊の攻撃で弱ったバニラを倒し、その後ウルトラマンと対決した。

第19話「悪魔はふたたび」に登場。
身長:55メートル
体重:2万トン

3億5000年前の超古代文明により「赤い悪魔」と恐れられ、液状化されてカプセルに閉じこめられていた赤い古代怪獣。武器は口から吐く強力な火炎。外観は口先がとがっており、体は骨張って、やや平らになり、尻尾は細く8の字状に絡み合っている。土砂と共にダンプで郊外に捨てられた赤いカプセルに夜間落雷を受けて復活。

共に現代に復活したアボラス激戦を繰り広げる。格闘中にアボラスの放った溶解泡を一度は火炎で相殺したが、その後、科学特捜隊の原子弾を目に食らい、弱ったところをアボラスの吐いた泡で溶かされて絶命した。

第20話「恐怖のルート87」に登場。
身長:60メートル
体重:なし
出身地:伊豆・大室山

大室山の火口から現れた怪獣で、先史時代の始祖鳥の1種とされるが、轢き逃げ事故で死んだムトウ・アキラ少年の魂が乗り移っている、もしくはその化身と思われる。車を憎むアキラ少年の意思のまま、国道87号線の車を襲う。
ウルトラマンとの戦いでは火炎と口バシで攻撃した。
ウルトラマンがスペシウム光線で空中へ逃げたヒドラに止めをさそうとしたが、背中にアキラ少年の魂が乗っていることに気付き、静かに見送った。
その後、轢き逃げ犯が自首した為、活動を停止した。

第21話「噴煙突破せよ」に登場。
身長:35メートル
体重:1万トン

死火山だと思われていた大武山より火山活動の再開により突如出現した怪獣。爬虫類的な外観を持ち、同様の外耳がない耳を持つ。背面の甲羅は威嚇時に展開し、内側の極彩色の部分を盾の様に見せる。最大の武器は口から発光と共に吐き出す猛毒ガス(通称:ダークセント)。その成分は火山ガスと同じ濃度の高い亜硫酸ガスである。また、サソリの様な尻尾から二条の破壊光線を発射する。見た目以上に強敵で、スペシウム光線が効かないほどの強靭な皮膚を持つ。

PRまとめ

  • 2017年7月9日古代のウルトラ怪獣一覧!【ウルトラシリーズ】「古代」の名のつくウルトラ怪獣を集めてみました。王道のゴモラからはじまり、ゴメスやゴルザなど有名どころやマイナー怪獣も発見しました。ウルトラマンから現代のシリーズまでのウルトラシリーズ(漫画、ゲーム等は除く)で確認しました。 […]
  • 2017年7月16日ウルトラシリーズの「前後編の作品」は屈指の激戦回!?ウルトラマンやウルトラセブンからティガ、ダイナ、コスモス、マックスまでウルトラシリーズの前後編が付くサブタイトルの作品をまとめてみました。「怪獣殿下」のゴモラ、「ウルトラ警備隊西へ」のキングジョー、「セブン暗殺計画」のガッツ星人などがありました。ぜひ確認してみてください。 […]
  • 2017年6月20日ウルトラシリーズの第1話の怪獣!!【最初のウルトラ怪獣まとめ】ウルトラQのゴメス、リトラ、ウルトラマンのベムラー、ウルトラセブンのクール星人をはじめ各ウルトラシリーズ第1話に登場するウルトラ怪獣をまとめてみました。 […]
  • 2017年7月1日【図鑑】 ウルトラマンの登場怪獣 一覧 全51キャラクター (特徴、登場回、画像)ウルトラマンに登場する怪獣の特徴、登場回、などについてまとめています。『ウルトラマン』は、円谷プロダクションが制作し、1966年(昭和41年)から1967年(昭和42年)の間にTBS系で毎週日曜日19:00-19:30に全39話が放送された日本の特撮テレビ番組です。 […]
  • 2017年7月7日ツインテールの日になると見かける怪獣なんなの? #ツインテールの日2月2日はツインテールの日。これ!ツインテールの日のなると毎年のようにTLに現れる!乖離性鳴さん!@mei3_ygo フォローする え、今日ツインテールの日なの? pic.twitter.com/YovCTBrwDa 返信リツイートいいね2016.02.02 […]
  • 2017年6月28日メトロン星人が登場する「狙われた街」が”神回”なわけ!!高い特撮技術とメッセージ性の高いストーリーで評価を得ている「ウルトラセブン」。中でも特撮技術、ストーリー、怪獣のデザインにおいて優れている作品の一つが、メトロン星人の登場する第8話「狙われた街」だと思っています。今回はメトロン星人と第8話「狙われた街」をまとめました。ウルトラマンオーブにも登場予定。 […]

Leave a Reply

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

CAPTCHA
Refresh

*